スタッフブログ
トップ > スタッフブログ > わかりやすいステップアップ

わかりやすいステップアップ

こんにちは。サビ管のアキです。

2019年になりました。今年も就労支援ブリッジは、障害のある方と企業の架け橋となるべく支援を行っていきます。よろしくお願いします。

 

年末に大掃除をしたブリッジですが、利用者のみなさんが帰ったあとにスタッフ総出でケーブルの整理をしたんです。デスクトップパソコンが、1階だけでも30台近く(施設全体だと50台くらい?)あるブリッジですから、そこから出るケーブルも大量なんですよね。いやあ…半日かかりました。私は、ずっとシールはがしでシールはがしてただけですけど。翌日肘が筋肉痛になりました。

さておき、その流れでデュアルディスプレイにできそうなモニターも確認…年明けからは、WEB案件に取り組んでいる利用者さんのモニターを増設しました。

写真 2019-01-08 15 29 42

 

モニターが2台つながっていてパソコンの画面を2分割して表示してくれます。

たまに卒後支援などで来た支援校の先生などから「◯◯さん、パソコンを2台使って仕事しているの?」と驚かれたりしますけれども違いますよ~

 

ブリッジでは、運営しているブリッジメディアが受注しているホームページ制作や広告制作の実務案件を、訓練が進んで実務をこなせるレベルに達した利用者さんにお願いしています。一般企業として受注していますので、他の事業所さんのように「どこどこの案件を受注しました!」と公表できないものが大半で、外の方にわかるようにアピールできないのが辛いところなのですが……WEBコースの方などは訓練の後半になると、ほとんどずっと実務をやっているなんてこともあり得ます。当然、就活優先フェーズなどの配慮はありますけれどね。

 

さて、そんな状況ですから訓練開始当初に使っているパソコンから徐々にステップアップしていくんです。WEB案件のデザインデータってすごく重いんですよ。なので、課題が後半=受注した過去の案件を模擬案件として実際に構築することになるので、実務と同様のデータを扱う段階になるとパソコンのスペックが上がります。特にレスポンシブデザインになると扱うデータが膨大なんです。

そして、実務をお願いする段階になればスピードも求められますから効率的に作業したいものです。エディタとデザインデータを並べて表示したほうが作業しやすいですから、デュアルディスプレイになっていくわけですね。

 

普通のスペック→ハイスペック→デュアルモニター

普通のスペック→ハイスペック→デュアルディスプレイ→そして卒業(一般就労へ)…

 

WEBコースの場合は見た目でわかりやすいステップアップなので、同じ部屋で作業する後輩の皆さんも目標にしやすいなと思います。

そう、完全個別指導のブリッジは、始めたばかりから実務レベル・就活などなど、いろんなフェーズの人が通っているので、自分の未来を想像しやすいのもいいところですよね。

 

2019年、新しいことを始めたい!と思っている方はぜひともブリッジに見学に来てみてください。

ブリッジを利用する方の95%は初心者から始めています。実務を経験しクリエイティブのお仕事に就く方が一定数いらっしゃいますから、未経験でも気後れせずお気軽にどうぞ!