スタッフブログ
トップ > スタッフブログ > ネガティブ思考について

ネガティブ思考について

こんにちは。office担当の大嶌です。

 

 

みなさん、「ネガティブ思考」どんなイメージを持っていますか?

 

 
調べてみると、
「否定的」「消極的」「積極性ではない」等の意味がありました。
また、他人の評価に必要以上に敏感であったり、良いことも悪いことと捉えがち な傾向がある人を「ネガティブ思考」と呼ぶそうです。

 

 

しかし、ポジティブな人間だけが、よい生活を送っていたり、よい結果を残しているのでしょうか。
今回は、ネガティブ思考のいいところも含めて紹介したいと思います。

 

 

 

【ネガティブ思考もそんなに悪いものじゃない】
メリット①慎重である・リスクのある選択をしない。
ビジネスで成功している人は、ネガティブな人が多いといわれています。
正確には、性格がネガティブというわけではなく、性格がポジティブな人であっても仕事の時は、ネガティブな思考法ができる人です。
「これで大丈夫だろうか」などの不安が、仕事に対して、真剣にとりくむ要素になります。
※ポジティブ思考の人ばかりだと、「大丈夫!」「いけるいける」と、根拠のない自信で溢れかえります。←おそろしい。

 

メリット②最悪の事態を想定しているので、対処がうまい。

 

メリット③相手の苦しみ、悲しみに共感できる。相手が悲しんでいるときに、「大丈夫、なんかなるよ!」なんて楽観的な言葉をかけてみても、相手の心には響きません。人の悲しみに共感できるというのは、相手に合わせて言動を調整できるという、強みにもなります。

 

 

 
【それでも、ネガティブな自分は疲れる!ポジティブになりたい時!】
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
①暗い情報は、長く見ない!
マサチューセッツ工科大学の研究論文では、
「ネガティブな感情はポジティブな感情に対して7倍も感染力が強い」という発表があります。
注意したいのは、スキャンダルや暗いニュースを見ても、ネガティブな感情は感染するのです。
つまり、そういった情報ばかり入れていると、どんどんネガティブ思考になっていくわけです。
このご時世、ネガティブになるのは当たり前・・・なのかもしれません。

 

②客観的なデータを収集する、確認する!
ネガティブな人は、客観的に物事を捉えず、感情的に「よくわからないけど、自分がダメなんだ」と思い込みます。そういうときには客観的なデータを見るのが一番です。
たとえば、テストの結果が悪かったとしても、平均点より上だったとしたら、そんなに落ち込む必要はありません。

 

③強みを一つでいいから作る!
自信がない人はネガティブ思考に陥りやすくなります。
自分の苦手な分野で頑張る必要はありません。
自分が今の時点で一番得意だと思っている部分を磨きましょう。

 

 
ブリッジでは貴方の新たなスタートを応援します。
見学・体験のご希望お待ちしておりますので、お気軽にご連絡ください。