スタッフブログ
トップ > スタッフブログ > 客観的に

客観的に

こんにちは。松田です。
 
3月もそろそろ終わりとなりました。気温の寒暖差が激しくなると風邪などの病になりやすいので、引き続き体調管理には気をつけていきたいですね。
 
個人的には冬から春へと暖かくなっていくことが嬉しいのですが、季節の変わり目のせいで調子を崩されている方もいらっしゃるかもしれません。
 
このように自分にとっては良くても、他人にとってはそうではない、ということはままあるものです。
もちろん反対に自分にとっては悪いことが、他人にとっては良いこともある。
そう考えるとなかなか物事というのは難しいものです。
 
良し悪しという観点だけでなく、自分が「A」だと思っていたものが、他人にとっては「B」であり、はたまたもう1人の別の人にとってみれば「C」だとそれぞれ異なった見方だったということもあります。
 
だから最初は「A」だと思ってしまったとしても、いやいや、それは「B」かもしれないし、「C」なのかもしれないよな・・・というふうに、自分ひとりで複数の考え方ができるようになれるとベストですね。
 
一つだけの自分の考えや方や、一つだけの相手の考え方に振り回されないようになること。
自分自身に客観的になれる。
もしこれが本当にできるようになれば、自分自身をもう1人の自分が見つめているような心境になれるそうです。
 
言うは易し行うは難しですが、しかしそれでも、それが理想なのだということに気づくことからまずははじめてみたいと思います。