スタッフブログ
トップ > スタッフブログ > ”寒暖差疲労って知っていますか?

”寒暖差疲労って知っていますか?

こんにちは、稲葉です。

 

今週は寒い日が続いていますね。

インフルエンザもまだまだ流行っているようなので、予防・対策が必要ですね。

 

さて本日は”冬の体調不良”についてのお話を少ししようかなと思います。

 

冬になると、なんとなく疲れが感じやすかったり、身体の不調が続いたりする方も多いのではないでしょうか?

その体調不良の大きな原因として挙げられているのが【寒暖差疲労】と呼ばれるものみたいです。

 

▷寒暖差疲労とは?

 

私たちの体が”寒暖差によって疲労が蓄積した状態”を指します。

季節の変わり目に大きな気温の変化があったり、

朝と夜とで気温差が激しかったりすると、体は寒暖差を感じて疲労を溜め込んでしまうのです。

 

例えば、

”外はとても冷えているのに、室内に入ると暖房がきいていて暖かい”というのも気温差です。

 

体を温めよう・冷やそうとするのにエネルギーを使っているので

寒暖差が激しい程、エネルギー消費も激しくなります。

 

▷寒暖差疲労をためないようにするには?

 

—体の内側と外側のどちらからも温めることが有効的なようです—

・湯船に浸かる (シャワーだけで済ませるのは冷えてしまいます)

・日常的な動作に少し負荷をかける (階段を使う、いつもより少し歩く距離を伸ばすなど)

・体を冷やさない食事を心がける (ネギや生姜などは体を温める効果があります)

 

普段から対策出来ることもあると思うので、疲れを蓄積してしまって

仕事や学校を休んでしまうことがないように注意していきたいですね。

 

hutari