スタッフブログ
トップ > スタッフブログ > 社内研修について

社内研修について

みなさん、こんにちは。松田です。
気がつけばもう1月も下旬となりましたね。
先月の師走は本当にあっという間に日々が過ぎ去っていきましたが、今年になっても相変わらず時間の流れが早いなあと感じている毎日です。

 

今回は先週の木曜日(1月17日)の社内研修を担当しましたので、そのご報告をさせていただきたいと思います。

 

研修のタイトルは「「精神障害」への理解について」。
ブリッジを利用されている多くの方々が精神障害の当事者であることを踏まえ、その理解をより深めるテーマとなりました。
障害者総合支援法や精神病者監護法など、精神障害に関わる現在や過去の法律をチェックすることで、精神障害についての社会の理解の変化と、法律の変化が密接に結びついていることを学ぶ機会となりました。

 

過去の法律も学ぶためにも、このサイトこのサイトなども参考にさせていただきました。
また、もはや過去のものと思われていた「私宅監置」などが、実は今でも似たようなことが事件として発生しているという厳しい現実を知るため、このサイトの記事なども参考とさせていただきました。

 

現在や過去の厳しい出来事を知る少々ハードな内容とはなりましたが、福祉サービスを利用されている精神障害の皆さまが、地域で活躍するための支援に繋がる研修となりました。

 

まだまだ地域で暮らせる支援態勢が充実しているとはいい難い現実ではあります。
それでも法律も変わっていき、少しずつ世の中が良い方向に向かっていることを感じるときもあります。
希望を捨てずに、前へと進んでいきたいですね。