スタッフブログ
トップ > スタッフブログ > 考え方の癖

考え方の癖

 

こんにちは、稲葉です。

 

先週のFWで「考え方の癖」についてのお話をしたので、

ブリッジブログでも少しお話しさせていただきます。

ーーーーー

 

まず、考え方の癖とは?

ある事が起きた時にどう考えるか?

という考え方です。

頭は放っておくと、物事を否定的にと考えてしまう傾向がある”と言われています。

全ての物事を肯定的に考えなさい、ということではないのですが、

全ての物事を否定的に考える、という必要もないと思うのです。

 

どうして、否定的に考えてしまうのか?というと・・・

 

自己肯定感”という言葉は聞いた事はありますか?

自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情

を意味する言葉なんですが、

自己肯定感が低いと、物事を否定的に考えてしまう傾向があるようです。

 

他の特徴としては、不安や恐れを持ちやすかったり

人に評価してもらわないと不安、自分の考えを言えないなどが挙げられます。

 

逆に自己肯定感の高い人の特徴としては

自信がある、物事を肯定的に考えられる

人との違いを受け入れられる、感情が安定している、などが挙げられます。

 

自分の考え方はどちらに当てはまりますか?

 

nayamu_boy2

 

自己肯定感が高ければよくて、低いと悪いということではないです

自分はどちら側なんだろう?という気づきを持てると

じゃあどうすれば良い方向へ進んでいけるのかのキッカケになると思うので

ぜひ一度、考えてみてください。

 

ブリッジでは平日10時~16時の間で、随時見学・体験のご対応をしています。

Web・DTP・Officeなどコース別の訓練の様子を見ることもできるので、

興味のある方、どんな事業所なのか見てみたいなどのお問い合わせお待ちしております。