スタッフブログ
トップ > スタッフブログ > 読書のすゝめ

読書のすゝめ

コンニチハ。WEB担当の田中です。
 
社会人が知識を得ようとなると「読書」が中心になると思います。
 
しかし、ただ本を眺めて終わりでは脳に定着しないのだそうです。
 
残念です。
 
Book-190514
 
というこでお医者さんに伺った脳を活性化させる勉強方法をご紹介。
 
まずは脳の仕組みから
・人間の脳は、何かを”思い出そう”とした時に活性化する。
・人間の脳が、頭に情報を刻み込もうとするのは”思い出す作業をした直後”。
 
学生時代は問題集やテストがあったので思い出す訓練をしていましたが、社会人になるとテストがありません。
 
といことで、じっくりと本を読んでもなかなか定着せず、成長できないのだそう。
 
それじゃあ、どうすればよいのかというと。
 
問題を自分でつくって「テスト」をします。
 
「いや、面倒くさいよ。」と思った方にこんなご提案。
 
そもそも内容を丸暗記することが目的ではないので「自分にとって重要だな」と思ったことを”虫食い形式で手帳にメモ”してみてください。
 
ググれば何でも出てくるご時世ですが、最低限は自分の頭の中に留めておきたいものです。