スタッフブログ
トップ > スタッフブログ > ちょぼった話

ちょぼった話

こんにちは。サビ管のアキです。

恒例リフレッシュサタデーレポートです。

今月のメニューは【ちょぼ焼き】でした。

誰も正解を知らない、はじめて聞いた料理をレシピだけを頼りに作ってみる……そんなチャレンジングな内容でしたが、OB含め10名以上の参加となり、賑やかでした。

当日の朝は大雨のため、各自のスマホから時間差で警報が鳴り響いていましたが、ブリッジの立地はあらゆるリスクが無縁のエリアのため、構わず続行。警報エリアにお住まいの方たちも「自宅は問題ないです」とのんびりしていました。

 

さて、ちょぼ焼き。

たこ焼きや明石焼きの祖先とも言われる粉もんメニューです。

刻んだこんにゃくやたくあん(!)を焼いてからめんつゆで味をつけた生地を薄く伸ばし、焼けてきてからネギや鰹節などを乗せて更に焼き、丸めたり畳んだりしていただきます。

RS20181027

さすが粉もんは裏切らないですね。誰も知らないメニューのわりに「おいしい!」と大好評でした。1回目は生地に入れる水の配分や具材の適量がわからずうまく丸められませんでしたが、2回め以降はどんどん上手に焼ける皆さん。

 

「ナイスちょぼ!」

「よし、ちょぼろう」

など、謎の造語が飛び出していました。

 

「今度はこうしてみよう」と、工夫をしながら取り組むことができていました。

関西ではフードコートで手軽に食べられるおやつのような存在みたいなので、いつか大阪に行く日があったら答え合わせのために食べてみたいと思います。

 

11月のRSは少し早めの中旬の予定です。どんなメニューになるかは…実はもう決まっていますけれども、そのうちまたブログで。

 

 


就労支援ブリッジでは、随時新規利用者を募集しています。
通所して作業をすることで、働くために必要なスキルアップと自信をつけて一般就労を目指します。
はじめは、働くことのイメージが持てていない、働くことが怖いと言っていた方も実際に働きはじめていますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいね。